デジタル遺品

故人の残されたデジタルデータを国家資格を持った専門家が調査します。
riss_security

国家資格である情報処理安全確保支援士の資格を持つ専門家が、コンピュータに残されたデータを調査解析を行います。情報処理安全確保支援士は法律により守秘義務を課せられております。(情報処理の促進に関する法律 第25条

情報処理安全確保支援士
登録番号000079
宮澤謹徳

調査事例

企業の方

従業員が会社の機密情報を漏らしているか調べて欲しい

会社のノウハウを持ち出し、新会社の立ち上げを画策していることが判明しました。

従業員が就業時間中にネットで内職をしているので調べて欲しい

就業期間中ネットオークションの取引、出会い系サイトでのやりとりが確認されました。

退職した従業員が不正を行っていなかったか調べて欲しい

退職時に顧客データをExcelに落として持ち出していたことが判明しました。

個人の方

配偶者の浮気の写真を調べて欲しい

浮気相手との旅行の写真、動画が確認されました。

遺書や家族に宛てたメッセージがないか調べて欲しい

家族宛のメッセージと貸金庫の存在が判明しました。

行方不明になった子供のパソコンを調べて欲しい

日記により滞在している場所が判明しました。

ご注意

企業の方は権限を持つ役職者の方からのご依頼に限ります。
個人の方はご家族からのご依頼に限ります。

料金

5万円~
状況・データ量等に依存します。