事例集

NC工作機械フロッピーが軸ズレで読めない

NC工作機械でご使用のフロッピーディスクが読み出せなくなったと、ご依頼をいただきました。

お調べしたところ、軸ズレによりデータにアクセス不可能な状態に陥ったものと考えられました。

軸ズレとは中心部のハブリング(銀色の金具の部分)とディスクの接着が経年劣化等によりズレが生じ、正常なセクタ位置を認識できなくなる症状です。SONY製の フロッピーディスクによく見られる症状ですが、今回お預かりした フロッピーディスクも ソニー製品でした。

接着剤にホットメルトの性質があり、暑さにより一時的に溶けてズレた後、又固まったものと推測されます。

軸ズレの場合、ハブリングを少しずつずらす→付け合わせ→読み取りを何度も繰り返し、正しい位置を探る作業を行います。(根気のいる作業です!)
作業の結果、一部のセクタを除き回収に成功しました。
ありがとうございました。